2016年度 定時総会(第22回)

◆開催日時:2016年6月8日(木)13:00 ~ 17:45定時総会の案内チラシ
◆開催場所:「メセナひらかた」多目的ホール
◆出 席 者:枚方市長沢副市長、市幹部2名、社会福祉協議会石渡常務理事、ひらかた市民活動支援センター渡邉理事長
      ナルク本部神野副会長、ナルク交野拠点戸田代表 + 会員189名

2016年度定時総会 式次第 ・・・司会:三塩美津江会員(4地区)

1)開会の辞
2)和田代表の挨拶
3)来賓のあいさつ
4)議長選出
5)議事
  <第一号議案>
   ①2015年度 活動報告 主な活動内容
   ②2015年度 会計報告
   ③2015年度 会計監査報告

<第二号議案> 
 ①2016年度 運営委員の選任・退任並びに活動の分類と担当
<第三号議案> 
 ①2016年度 活動計画
 ②2016年度 収支計画
以上、議事は賛成多数で全て承認されました。
6)議長解任
7)閉会の辞

動 画(右「こちら」をクリック)⇒


総会に参加して思ったこと                           西本 昌子(8地区)

和田代表の活動報告
和田代表の活動報告

 第22回定時総会に出席しました。
「天の川クラブ」の会員が平均年齢73才となり、高齢化が一層進む中で一人暮らしの人も益々増えて来るのではないかと思います。代表挨拶の中で、「預託点数をもっと利用して下さい」と、言われていましたが、高齢化が進むと利用出来なくなるかもと不安もよぎりました。
 また、預託点利用に際し、最も必要とするのは臨時や一時的支援の場合が多いと思います。例えば、ご主人が入院して、奥様が病院と自宅で大変な思いをしておられると言った場合、ご本人が要望されても叶えられない現状があります。必要とされている支援の内容にもよりますが、速やかな対応が必要かと思います。
 今後、高齢化が更に進めば、家事介助だけでは自宅での生活維持が難しくなると思います。宅配弁当を頼むことで家事介助は何とか凌げます。むしろ緊急時の見守り・入院時の付き添い・介護者の手伝い等があってもいいのではないかと思いました。
 2016年度の活動目標のうち、地域包括ケアシステムへの取り組みでは2017年4月から新事業として実施予定と聞き、「介護予防・日常生活支援総合事業」は、新たな地域貢献になるのではと大いに期待しています。

総会に出席のみなさん
総会に出席のみなさん
議長・書記及び副代表・会計監査のみなさん
議長・書記及び副代表・会計監査のみなさん
代表、代表代理、部門総括のみなさん
代表、代表代理、部門総括のみなさん
新運営委員のみなさん
新運営委員のみなさん
中野講師の講演:「フルーツで健康!」
中野講師の講演:「フルーツで健康!」
和やかな懇親会風景
和やかな懇親会風景

« Back