会員促進(研修)
枚方市生活支援員養成研修を終えて

担当 植本 壽満枝

枚方市生活支援員養成研修の様子
枚方市生活支援員養成研修の様子
 生活支援員養成研修は、今年度3事業所で6回開催予定ですが、ナルクは2回目の実施となり、10月25日・26日 枚方市民会館集会室で行い、受講者20名(修了者17名)で無事終えました。
 年々受講者減の傾向にありますが、受講者はとても真剣で、グルーブ討議でも「相手の価値観を認めて、意志を尊重する」「自立を妨げない」等要点を把握され、実際に活動する場合の不安感についても討議されました。(後日の説明会での課題も把握できました)
 枚方市でも高齢化率は例外なく進み、現在の25%から3年後には27.6%と見込まれています。平成28年度の要介護認定状況では要介護約2万人で、要支援1・2の人は約40%です。自立支援を推進することがどれほど大切かが分かります。
 生活支援員として活動することは、支え・支えられ、という中でよろこびや絆も生まれます。このことは、地域社会への大きな貢献であると共に自身の健康寿命を延ばす事にもなります。
 生活支援員研修を修了された方で未活動の方は支援活動に勇気を持って第1歩を踏み出して欲しいと思います。

« Back