会員だより 戻  る 掲載日:2009/12/15

明日も元気広場!
投稿者:仲谷 美智子 (6地区)
 10月17日、枚方市主催の65才以上の高齢者を対象とした「枚方みんなで元気計画」が五常小学校でありました。
 体育館には椅子が並び地域包括支援センターの介護福祉士、指導員が並んで体力測定の用具が準備されていました。
 最初に、東京都認知症予防対策室の保健士から認知症について詳しい話を聞きました。認知症は風邪を引くように急になるわけではなく、男性より女性の方が、長生きとホルモンの関係でなりやすい。 認知症に強い脳を作るには、生活習慣病を防ぐ。 有酸素運動や野菜を食べる(朝昼夕、1日五皿の野菜とDHA・EPAが多い青背の魚)。 十分な睡眠は脳のリズムを良くするので記憶力、注意力が改善される。 認知症の予防として、新しい事をやる、物事を記憶したり、計画したり、手順を考える。 興味のある事を人と一緒にすると長続きする。
 次に、体育館に並んだ椅子に座って、全員で音楽に合わせて「ひらかた体操」をした後、聖徳ホームの山田さん„機能訓練士‟の大きな声に合わせて腹式呼吸をしながらスクワットやストレッチをしました。 山田先生には聖徳こもれびホールで週一回、楽しい健康体操を習っています。
 最後に、血圧を測って握力、開眼片足立ち、長座位前屈、移動能力、10m障害物。 結果がグラフですぐ出ました。 2階で健康相談がありました。
 地域包括支援センターの皆さん、ありがとうございました。