会員だより 戻  る 掲載日:2009/05/15

「感謝の心」で ボランティアを!
投稿者:大亀 恵子 (3地区)
 ナルクにお世話になって8年ほどになります。 3年前に中途失明だった主人を見送りました。 それまで主人中心の生活でしたので、力が抜けた毎日を寂しく過ごしておりました。
 命日に墓参りに行ったとき、主人が背中を押してくれたような気がしたのですね。 「人のために役に立つ何かをやってほしい。 それを自分の生きがいとしてほしい」と主人に言われたような気がしました。 主人がお世話になったナルクでお手伝いをしようと思いました。
 現在、今井コーディネーターの紹介で、在宅生活援助事業のボランティアをしています。 家に伺い、部屋・風呂・トイレの掃除をした後、しばらく話し相手をして帰ります。
  最初はあまり話をされなかったのですが、今はいろいろ話をされて、帰るときには「ありがとう」と言ってくださり、とても喜んでいただけるようになりました。
 人生の先輩の方とのお話は教えられることばかりです。 いつも「ありがとう」 「ありがとう。 また来月も来てくださいね」と感謝をしていただき、私の心が“ほっこり”となって帰ります。
 「出会った人に教えられ、出会った人に助けられ、出会った人に勇気と元気を与えられ」。一期一会に感謝。
 私は、この方に出会い感謝の心と人生の喜びを教えてもらいましたが、主人も同じ思いだったのでしょう。 主人の思いと一緒に、微力ですがボランティア活動を楽しみながら、今後頑張っていきたいと思っています。