戻る 事務局活動
2007/07 2007/08 2007/09 2007/10 2007/11 2007/12 2008/01
2008年3月度『運営委員会』だより
3月度運営委員会を3月10日に開催。 出席者21名。オブザーバー1名。
以下、 トピックスは次のとおり。
第14回定時総会議案書々式典関係は、スケジュール通り進めていることが確認された。
2008年度運営委員・監査々顧問„案‟および「天の川クラブ」活動の分類と担当„案‟については若干の修正の後了承された。
講師活動などへの時間預託点数々交通費付与は了承された。 奉仕活動の交通費付与は今後の検討に持ち越された。
第13回組織委員会の報告があり、施設への拡充についても、活動者が少ないことが問題点として指摘された。
本部組織委員会の報告では、本年1月に徳島々東神戸々郡山が、3月に鳥取々行橋が設立された。 4月に益田と埼玉県イワキ区が、6月に岡山が拠点設立される。
ガソリン値上げに伴う影響についてのアンケート結果に基づき、現状を踏襲する、ただし、今後に大きな動きがあれば再検討する、と報告された。
ナルク海外研修旅行の案内。 預託々奉仕点数の協力企業施設での利用などの案内。

<3月度運営委員会>
戻る
2008年2月度『運営委員会』だより
2月度運営委員会を2月12日に開催。 出席者20名。オブザーバー2名。 トピックスは次のとおり。
第14回定時総会について6月14日を第一希望としてメセナにて開催の予定(後日、会場申込)。
  第1部:定時総会、第2部:催し物、第3部:懇親会
コーディネーター養成講座を3月12日(水)に開催する。
交野の資金について検討した。
地区世話人会の討議内容の報告。 運営費用、地区会と懇親会、出席しない人対策など。
ナルクシニア介護サポーターのインストラクター実習先の報告があった。
故汐川前代表の「偲ぶ会」は、2月13日に開催する。 出席者予定110名と報告があった。
「脳の健康教室」は経費問題があるが、検討委員会をつくり細部の詰めを行なう。
NALC15周年の行事について検討内容の説明があった。
戻る・・
2008年1月度『運営委員会』だより
1月度運営委員会を1月15日に開催。 出席者19名。 トピックスは次のとおり。
第14回定時総会について議論。 例年を踏襲していくこと、開催予定は6月7日(土)か、6月11日から14日の間の1日。
「交野分室」事務所は、順調に運営開始に向かっている。
「故汐川代表を偲ぶ会」は、2月13日(水)11時30分~ 楽寿荘で開催。
ナルクシニア介護サポーター養成講習会の開催を検討。
時間預託活動Km当り交通費のアンケート実施し、燃費高騰対策を検討。
国立国会図書館から会報「天の川」の納入依頼があった。
くもん「脳の健康教室」説明会出席者の報告では、経費が掛かり過ぎる。 当分静観。
地区会への代表、副代表らの参加の経費負担について検討。

<1月度運営委員会>
戻る・・・・
12月度『運営委員会』だより
12月度運営委員会を12月10日に開催。 出席者22名。 トピックスは次のとおり。
12月4日に物故されました汐川昌典前代表に一分間の黙祷を捧げました。
「交野分室」事務所の開設は12月22日(土)。
故汐川前代表を「偲ぶ会」は、2月以降に開催予定。
福祉施設の預託点数の増加とともに、ナルクの基本である相互扶助の家事援助の提供者確保に難渋している現状打破の議論が進められた。
地区会運営細則が一部改訂された。
時間預託活動km当り交通費の再考について議論し、継続して検討していくことになる。
2009年開催のナルク創立15周年記念行事の企画実行委員会に上田代表が参加。
12月度運営委員会
<12月度運営委員会>
戻る・・
11月度『運営委員会』だより
11月度運営委員会を11月12日に開催。 出席者21名。 トピックスは次のとおり。
本部理事会で会長から、「新入会の方をしっかり支えることが大切」との認識が示された。
第9回組織委員会の内容の報告。 枚方・交野拠点交野分室(仮称)事務所は、河内磐船駅前に絶好の物件があり、この線で賃貸契約を進めることが承認された。
地区会の開催要件、たとえば開催費用の一部負担を明確にするための改定案を検討グループで作ることになった。
『秋のつどい』の結果報告と来年度の開催案の検討。 今年度の結果は大成功であり、2008年の開催日は10月10日(金)に決定した。
コーディネーターレベルアップ研修会が関東地区、関西地区で開催される。 和田運営委
員が関東地区研修会において講師として出席する。
レディースパーティーは1月26日(土)開催。 西田運営委員が実行委員に決定された。
戻る・・
10月度『運営委員会』だより
10月度運営委員会を10月9日に開催。 出席者17名。 トピックスは次のとおり。
6月の総会で承認された、時間預託点数寄付および寄付金制度について、寄付制度検討委員会をつくり、叩き台を運営委員会に提出する。
第8回組織委員会の内容の報告、交野拠点事務所の調査状況の説明あり。
11月17日の「地域包括ケアセミナー」には当拠点から約20名の参加を要す。
9月25日開催のコーディネーター会の議事録に基づき、内容の報告があった。
11月26日予定のボランティア・ガイドヘルプ体験学習会への参加要請あり。
本部で行う、くもん学習療法・脳の健康教室の説明会に当拠点からも出席する。
本部に創設するナルクシニア介護サポーターのインストラクター養成講座に参加。
戻る9gatu
9月度『運営委員会』だより
9
運営委員会の様子<9月度運営委員会>
月度運営委員会を9月10日に開催。 出席者21名。 トピックスは次のとおり。
『秋のつどい』第1回リーダー会(8月21日)の報告あり。 9月18日第2回を行う。
10月30~31日の研修一泊旅行について説明あり。 40名まで受け付け。
11月26日のボランティア・ガイドヘルプ体験学習会の計画について話し合い。
社会福祉協議会からの助成金5万円は、遊びの玉手箱の機材購入に充当する。
11月17日の「地域包括ケアセミナー」で、上田代表が 「天の川クラブ」を紹介。
新入会員説明・懇談会の実施要領について議論。 今後、全員に名札を渡す。
第7回組織委員会の報告と9月8日に開催された地区会の報告があった。
2007年度定時総会で決定された「本部への拠出金」を8月27日に贈呈した。
生きがい創造学園で、講座の受講応募者が減少しているとの説明あり。
戻る8
8月度『運営委員会』だより
8
運営委員会の様子<8月度運営委員会>
月度運営委員会が8月16日に行われました。 主な議題は次の通り。 出席者20名。
会議の冒頭に、上田代表から「皆さんのご協力をお願いします」とのあいさつ。
2007年度定時総会で決定された「本部への拠出金」の贈呈を8月中に行う。
第6回組織委員会の実施報告。 交野地区会員のアンケートを実施中。
『秋のつどい』運営実行委員会(7月23日)の報告。 今回、来賓に応対するための接待班を作る。 手品、フラダンスなど催し物の説明あり。
11月17日、さわやか福祉財団主催の「地域包括ケアセミナー」がメセナひらかた会館にて開催される。 「天の川クラブ」は協力を要請されている。
年間行事予定の確認。 10月12日の『秋のつどい』の後、10月30、31日に会員一泊旅行の計画、11月にはガイドヘルパー講習の予定。
10月21日、「ひらかたNPOフェスタ2007」がサプリ村野で開催される。 「天の川クラブ」から、クラブ紹介の展示、うらしま太郎(高齢者の擬似体験)、模擬店の出店を行う。
戻る7
7月度『運営委員会』だより
7月度運営委員会が7月9日に行われました。 主な議題は次の通り。 出席者21名。
会議に先立ち、汐川委員と新任・再任委員のあいさつ。
6月度の活動報告・会計報告。 活動詳細は「天の川」6・7ページに掲載。
『秋のつどい』運営実行委員会を7月23日に開催する。 スタッフ一覧表に昨年の反省点を組み込む。
7月2日に行われた第5回組織委員会の報告。 6月17日訪問したびわこ湖西拠点は、財源の確保、顔の見える組織づくりが上手との報告あり。
事務局の新しい体制とA,B,Cの3グループの業務分担の説明。 事務局長不在時は東好秋委員が事務局次長として統括する。
会報「天の川」8月号掲載記事について話し合い。
8月17日予定のびわこ湖西拠点とのカヌー交流会の下見報告。
秋の研修旅行を日帰りにするか一泊旅行にするか話し合い。
(編集者注:毎月の運営委員会で何が議論されているかをお知らせします。)