戻る 奉仕活動
聖徳園の夏祭りを手伝いました!
(掲載日:2009/09)
報告: 森脇 富美江 (6地区)
恒例の夏祭りを皆さんと楽しみました
<恒例の夏祭りを皆さんと楽しみました>
 ひらかた聖徳園の夏祭りが8月1日の夕方5時から始まり、「天の川クラブ」より20名がお手伝いに参加しました。
  4時ごろから急に雨雲が出て、雷が鳴り土砂降りの雨となりましたが、幸いに30分ぐらいで雨は止み、会場の園庭に涼しい風が吹き出し、提灯に灯が入り、定刻の5時に祭りが始まりました。
 私たちは模擬店の各店に2人ずつ別れ、学生ボランティアさんと聖徳園の職員の方とで、各店の売子になりました。 私の担当は、「うなぎ丼」売り場で、調理場で作られた物を盛り付けて売るだけのお手伝いでしたが、この下準備のために職員の方々は大変だったなと思いました。
 浴衣姿の職員と入居者の方々、家族も来られてテーブルを囲み楽しそうな笑い声が聞かれ、舞台では歌や学生さんのブラスバンドで盛り上がり、打ち上げ花火も次々に上がり夏の夜の楽しいひとときがあっという間に過ぎました。
 園庭の池の横には、ナルク創立15周年記念イベントの一環として植樹された「アメリカハナミズキ」が元気よく根付いていました。3月に植えられた苗木から4月には薄いピンクの可憐な花が咲いたそうです。 これからも聖徳園とナルクの友好の樹として成長してたくさんの花を咲かせてほしいと思いました。
(編集者注:本記事は「聖徳園」担当・妹尾美紗子COの依頼により、寄稿いただいたものです。)