戻る 文化・スポーツ
■ テニス
掲載年月:2012/08
多彩な仲間と共に若さを楽しむ
  報告者: 宮本 利明 (1地区)

 現在テニスクラブの常連は約12名、メンバーは入れ替わっていますが参加者数は変わりなしです。平均年齢は他の例に倣って上昇気味ですが、元気さは「天の川クラブ」のリーダーの心意気です。
 昨年3月までホームグランドだった春日テニスコートが閉鎖になり、現在伊加賀テニスコートで技を競っています。 コートはクレイ(土)からオムニ(砂入り人工芝)に替り、雨に強くなったのですが場所取りが大変です。  「天の川クラブ」の人たちに助勢いただき何とかしのいでいます。  これからの多くの方の参加を期待しながら深く感謝しています。 大勢の仲間がいるということは本当に心強いですね。
  テニスの話をすると、皆さん厳しい運動と思われ敬遠されますが、これほど体力のいらない楽しいスポーツはありません。  ボールを捉える「場」さえしっかりしていれば体力を使わなくても大丈夫、動かなくてもタイミングよくボールをさばき大きな顔をしている人もいますよ。  こんなことを書けばベテランに叱られるかもしれませんが、錦織(にしこり)選手を育てるのではないのでご勘弁を!
  記しています本人も、80歳を眼の前にして周りの若い女性たち(?)に上達したとおだてられ、うぬぼれに浸り、これが若さの源になって飛んでいます。 女性たちもいつまでも本当に魅力的です。 わがクラブの魅力はメンバーが老若男女、技術の長短、本当に多彩であること。
  「天の川クラブ」の皆さん、水曜日午前、ぜひ一度伊加賀スポーツセンターまで遊びにおいでください。 お待ちしています。