戻る 文化・スポーツ
■ 英会話

英会話クラブでの楽しみ
  報告者:奥野 勇(4地区))

On-the-spot English
<On-the-spot English>
 約5年前に発足した当クラブの初期のころは講師の謝礼を出すのに“自転車操業”でした。クリスマス会も女性メンバーの手料理や買出しに頼り、場所も村野の会議室でやっていましたが、昨年のクリスマス会は、初めて講師夫妻を招き、リーガロイヤルホテルのバイキングに出掛け、英語と日本語を交えた喫茶タイムを楽しみました。
 現在使っているテキストは、ダイソーのシリーズ本「とっさのひとこと英会話」です。  簡単な英語なので通常10〜15分間読み、約1時間はフリー・トピックスの時間で、話したいことを各自英語で話しています。
 講師のMr. Ron は、カナダ出身で俳優歴もあり、興味ある話を聞かせてくれることは、前回にも書きましたが、それに加えて普段あまり気付かない日本人の言動が、欧米人には理解されにくい面があること、何気ないことでも日本と欧米の文化的な見方の違いがあることを教えられ、英語だけでなく得がたい勉強の場と話し合っています。
 一例を挙げると、日本では、丁寧にお礼を言ったり謝ったりするときに、繰り返すことが多いが、欧米では、同じことを繰り返し言うほど、逆に軽い意味に受け取られる。  “I am sorry”を何回も言わない方がよいとのこと。
 今年は、メンバー有志で、外国へツアーを組んで出掛けようと意気込んでいます。 興味のある方は一緒にいかがですか。